その他

初心者が25時間でitパスポート試験合格

つじり

こちらの記事は、情報に関する国家資格「ITパスポート」を事前知識0から独学で一発合格したい人に向けた記事となっています。

    こんにちは!つじりです。

    2023年9月にITパスポート試験に挑戦してきました。

    通常180時間(知識のある人は100時間)の勉強時間が目安と言われていますが、初心者ですが25時間の勉強でなんとか合格することができました!

    最短経路で合格した勉強方法について振り返っていきます。

    “合格”をゴールにした場合の勉強方法なので、合格後の“知識定着”を目標にする場合はもっと時間を用意しておいた方がいいと思います!

    ITパスポート試験とは

    ITパスポート試験は、情報技術の基礎知識を証明する資格試験です。

    IT知識だけではなく経営全般に関する知識など問われる試験です。

    ITリテラシー向上のため、従業員に受験を推奨したり、新卒入社者に受験を必須としている企業も増えてきています。

    合格率50%なので他の国家試験と比較して合格しやすい試験ではありますが、油断して勉強せずに合格するほど簡単ではありません

    試験時間120分で100問の問題が選択式で出題されます。ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3つの分野から幅広く出題されます。合格基準は、総合評価点600点以上であり、かつ分野別評価点もそれぞれ300点以上であることです。点数の内訳は以下となります。


    総合評価点
    600点以上/1,000点

    分野別評価点
    ストラテジ系  300点以上/1,000点
    マネジメント系 300点以上/1,000点
    テクノロジ系  300点以上/1,000点

    挑戦のきっかけ

    前職では給与計算等の労務担当をしていました。

    RPA導入(業務自動化による生産性向上)の担当することになり、自分のITリテラシーの低さを痛感していました。

    今回転職活動するにあたりこのご時世IT知識はあって損はないと思い、ITパスポート試験に挑戦する決断をしました。

    最寄りの試験会場の空き状況を調べてみると3日後に空きがあり、それ以

    降は2ヶ月先まで埋まっていました。

    どうせなら転職活動で履歴書に記載したいので、3日後の試験に急いで申し込みました。

    (ホームページから試験日3日前まで日程変更ができ、直前キャンセルもあるようなので焦って挑戦する必要はなかったことは後で知りました…)

    IT勉強は初心者ですが、3日前からの勉強で700点を超えることができました。

    短期集中したため知識習得には至っていないため、合格後もテキストを開いて勉強しています(笑)

    少ない時間の中で意識したこと

    時間が限られていたため、以下のポイントに意識を向けました:

    テキストへの書き込みはしない、とりあえず繰り返し読む

     前述したとおり、テキストは書き込みはせず読むことに集中

    アルファベットから英単語を連想し、解答を絞り込む

    ITパスポート試験では英略語が多く出題されます。ERP, MRP, CRM, SCMみたいなのです。

    今回は英略語がどういう英単語で成り立っているか意識しながら勉強を進めていくと

    意味が分かるので用語を覚えやすい

    知らない用語が出ても推測ができるかも

    ERPのEは、エンタープライズ(企業)

    CRMのCは、カスタマー(お客)

    MRPのMは、マテリアル(物質、転じて部品や資材)

    SCMのSは、サプライ(供

    給)

    材料調達から商品販売までを一括管理して、供給最適化をするシステムはどれか。
    ア:ASP イ:CRM ウ:ERP エ:SCM

    隙間時間の有効活用

    家事をしているときもYouTube聞き流していました。

    SNSアプリも一旦消して、試験勉強に集中しました。

    問題の取捨選択の重要性

    試験時間は120分と限られています。

    とりあえず計算問題等の時間がかかる問題は後回しにする勇気が必要です。

    勉強計画の立て方

    最短経路で合格を目指し、20時間の勉強計画を立てました。

    私が合格出来たのは運が良かっただけとも言えるので、確実に合格を目指す方は余裕をもって勉強されることをお勧めします。

    ITパスポート試験に18時間で合格するための勉強法は、時間が限られている方にとって役立つ方法です。最短経路で学習し、重要なポイントに焦点を当てることで、合格に向けた努力が実を結ぶことを証明しま

    初心者が独学1ヶ月で合格したITパスポートの勉強方法

    あまりお金をかけたくなかったのでテキスト1冊、アプリで過去問

    勉強方法を以下のステップにまとめました:

    ①Amazon Kindleでテキストを購入

    iPhone、iPadを使用していつでも勉強したかったので、本屋でテキストを購入するのではなくkindle で下記テキストを購入しました。

    -②Kindle上でテキストを最後まで読み込み、都度章末問題に挑戦する 6時間

    当初はテキストをPDF化してGoodnotesアプリで書き込みしていこうかなと思いましたが、

    今回は時間が惜しいためその方法は断念し、Kindle上で読み込むことにしました。

    書いてある意味はさっぱりですが、とにかく最後まで読んでみます。

    ③過去問アプリを使用し、直近2年分の過去問を解く4時間

    購入したテキスト著者が過去問を解説している下記アプリを使用しました。

    解いていて間違えたり、迷ったりした問題は後で見返せるよう

    にブックマーク機能を使いましょう。

    ITパスポート試験の過去問アプリはいくつかあるのですが、このアプリはシンプルで見やすくブックマークを付けたり解きたい問題を絞り込みが出来るため便利です。

    分野ごと分けて正答率推移も確認できるため、自分の成長が確認できモチベーションアップに繋がりました。

    -④テキストを再度読み込み2時間

    直近2年分の過去問解いたことで重要事項や苦手分野が把握出来たので、そこを重点的に読み込みます。

    ⑤3年分の過去問に挑戦5時間

    過去もアプリで解いていて間違えたり、迷ったりした問題は後で見返せるようにブックマーク機能を使いましょう。

    ⑥kindleブックマークしながらテキスト一読2時間

    テキスト2周、過去問5年分解いてきたため、覚えている箇所がたくさんありテキスト読む時間無駄に感じました。

    覚えていない箇所のあるページにブックマークをつけて、後から効率的に見返せるようにしました。

    ⑦5年分の過去問で間違えた問題とブックマークした問題を振り返り、解き直す1.5時間

    過去問5年分の間違えた問題、ブックマークした問題絞り込んで解き直します。

    ⑧ブックマークしたテキストの箇所を読み直す1時間

    テキストのブックマークしたページのみ読んでいきます。

    ⑨間違えた問題とブックマークした問題を最終的に解き直す0.5時間

    過去問

    ⑩移動時間を活用して重要な単語を聞き流す0.5時間

    会場に向かっている間、車の中で最重要単語を読み上げしてくれるYouTubeの動画を聞き流していきました。

    覚えきれていなかった単語も出てきて、実際の試験で2問救われました。危なかったーーー

    ABOUT ME
    記事URLをコピーしました